黄石公と張良図 北斎 jpshokusaib06

黄石公と張良図 北斎

ライン

黄石公と張良図 北斎
紙本淡彩一幅
114.5×47.0cm
柴斎宗州応需北斎宗理画倍=辰政
日本浮世絵博物館蔵
 漢の張良は下部の把上(土橋の上)において、馬上の老人が落とした履を拾ったことから。この老人(黄石公)より太公望の兵書を授けられ、後に漢の軍師になったといいます。本図は、その兵書を授けられる場面を描いたものです。北斎三十歳代後半における、漢画手法の強い作品として貴重な作例と見なされるものですが、また落款には「柴斎宗州応需」の為書があり、その名から門人の一人とも考えられ、さらに研究を要すべき興味ぶかい一点ともいえるのです。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

Related posts:

About the author: mytsuruta