七福神図 jpshokusaib09

七福神図

ライン

七福神図
板額着色一面
117.0×182.0cm
無款
清安山不動院蔵
 この二図とも茨城県伊奈町の古刹、板橋不動院本堂に掲げられている板額です。共に無款のため、永らく絵師不明とされていましたが、明らかに北斎の宗理期様式を具備した作品と認められます。北斎遺存板額中、最も年代の上る貴重な作例と見なすべきでしょう。「七福神図」は力作で、入念な出来ばえを示しており、宗理研究に欠くことの出来ない一点というべきです。また、全体の発想もユーモラスで、北斎らしさが充溢した画面となっています。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

Related posts:

About the author: mytsuruta