大仏詣図 北斎 jpshokusaib15

大仏詣図 北斎

ライン

大仏詣図 北斎
紙本着色一幅
118.2×26.4cm
北斎画印=辰政
 古く、版元の須原屋茂兵衛(北畠氏)が愛蔵していた一幅で、明治二十四年二八九一)に初めて紹介されたものでした。京都方広寺の大仏を、二人の巡礼が見上げている様子を捉えていますが、寛政十年(1798)には落雷のために、木造の大仏は焼失していますので、北斎が実兄のうえで作画したものとは考え難いです。落款の形態からみて、おそらく寛政末から享和初年頃の作画になるものと想像されます。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

Related posts:

About the author: mytsuruta