布袋図 北斎 jpshokusaib42

布袋図 北斎

ライン

布袋図 北斎
絹本着色一幅
114.8×29.5cm
葛飾北斎印=亀毛蛇足
麻布美術工芸館寄託
 我が国では、一般に布袋を七福神の中に入れて、想像の所産のように思いがちですが。実は中国で実在した禅僧なのです。名は契此(?~917)、長汀子とも号して四名山に住した。体躯は通常の画像と同じく肥満で腹を出し、常に袋を担って喜捨に歩いたといいます。当時の人々は、契此を弥勒の化身と思い。尊んだと伝わります。その円満な容貌から、好画題として幾多の絵師によって描かれていますが、北斎もまた少なからず布袋を描いていたようです。
 本図では、袋に乗って笛を吹く楽し気な布袋が捉えられていますが、遠山に小さく一頭の鹿がシルエッ卜で描かれているのは、何か不思議な雰囲気を醸しています。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

Related posts:

About the author: mytsuruta