下目黒 しもめぐろ Below Meguro. wpfmf3610

下目黒 しもめぐろ Below Meguro. wpfmf3610

下目黒 しもめぐろ Below Meguro.

現在の東京都目黒区を描いたもので、江戸時代目黒一帯は、鷹狩りの場所としても有名で、二人の鷹匠の姿からもそのことがうかがえます。視点は低く、丘と丘の間から見える富士の様子から、「夕日の岡」からの景色だと思われます。藍・緑・黄の三色と、単純な色だけでまとめられていますが、これで絵にしてしまう北斎の技術力はさすがです。
 窪地の底に富士を「見下ろす」構図です。先の「東都駿臺」と同じ絵組みです。したがって、富士の頂上世界を下目黒の地に見るという趣向です。特徴の一つは、画中左の中景に農夫が鍬を担いで坂を登っている部分です。「東都駿臺」にも、同じ部分に人物二人が坂を上下していました。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

About the author: 重右衛門