礫川雪ノ旦 こいしかわゆきのあした Tea house at Koishikawa. The morning after a snowfall. wpfmf3611

礫川雪ノ旦 こいしかわゆきのあした Tea house at Koishikawa. The morning after a snowfall. wpfmf3611

礫川雪ノ旦 こいしかわゆきのあした Tea house at Koishikawa. The morning after a snowfall.

現在の東京都文京区区小石川を描いたもので、小石川の小高い丘の上にある茶屋からの雪見風景です。二階の開け放たれた座敷からは、雪見の宴をはる人々が見えます。浮世絵を見る庶民には、茶屋から富士を「見下ろす」構図として映っています。したがって、茶屋周辺を富士頂上世界に見立てる作品である。
広重とは対照的に、北斎には雪の風景はあまり見られず、富嶽三十六景でも本図のみですが、その中でも特に上品で優れた作品と言えます。色鮮やかな藍色の空と、和紙の肌を活かした雪の白さのコントラストがさわやかな空気を生み出しています。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

About the author: 重右衛門