唐土勝景図巻 とうどしょうけいずかん Todo Shokei Figure winding. 雪舟 Sesshu jpssesh71

唐土勝景図巻 とうどしょうけいずかん Todo Shokei Figure winding.  雪舟 Sesshu
唐土勝景図巻 とうどしょうけいずかん Todo Shokei Figure winding.  雪舟 Sesshu

ライン唐土勝景図巻 とうどしょうけいずかん Todo Shokei Figure winding. 雪舟 Sesshu
紙本墨画 一巻 28.2x735.7cm 京祁国立博物館
 「国々人物図巻」同様、中国自然の写生こそ雪舟が入念に描いたてあろうし、この大自然を描きつくそうとした意気込みと情熱は、凄じいものがあった筈てある。正式の使節団が遅延したことは雪舟にとって、この上ない絶好の期間だったわけてある。この間に雪舟は中国の山水に接し、写生を行ない、今まての模倣をしたり、様式だけの山水画風をここに否定し、実景に深く打たれてその描写に専念するもとを得た。北京まての径路のほか、西湖周辺まてわたり、四明天童山、金山に至ったことは、雪舟のはじめ予想だにしなかった事てある。この種の「帰路真景図巻」、「揚子江図巻」などが、入明年間旅嚢の中にたまったことも事実てあろう。この図巻は原本てないにしても、帰国後弟子の間に流布され、模写されたてあろうものが、また模されて数多く残る結果となったのてあろう。このような大観的な構図や、自由な墨線によって描かれたものは雪舟のよくするところて、晩年鳥瞰的な「天橋立図」の作製に見られるような習練は、入明時にすてに行なわれていたことが知られる。
Sesshu 雪舟

Wikipedia Sesshu

ウィキペディア 雪舟

Related posts:

About the author: 重右衛門