東海道五拾三次之内 沼津 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぬまづ jpshohi49

東海道五拾三次之内 沼津 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぬまづ

ライン

東海道五拾三次之内 沼津 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぬまづ

安藤広重筆
大判釧絵揃物(五五図)
落款 広重一
版元 竹内孫八
縦 22.6cm
横 35.7cm
天保四~五年(1833~34)頃
 黄昏どき、川沿いの街道を沼津の宿へ急ぐ巡礼の母子と、天狗の面を背負った金比羅詣の男、東の空にはすでに満月ものぼり、白い光が下界を明るく照らし、あたりには深まりゆく秋の気配が濃厚です。
 旅をした者なら誰でも、夕暮れどきのあのわびしい感傷的気分は憶えがあるでしょう。
 この絵には、そうした懐かしい旅情へと人々の心を誘うムードがあります。広重もまた、京への旅の途中、幾度かそうした気分を味わったことでしょう。
 圧縮されたような遠近感と、お伽話に見るような大きな屋根をもった小さな家家、そしてそれに木版画独特の素朴な表現が加味されて、なにか現実を離れて昔話のストーリーのなかに入りこんだような錯覚をおぼえます。
歌川広重 Hiroshige Utagawa

Wikipedia Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

Related posts:

About the author: mytsuruta