東海道五拾三次之内10番目 箱根宿 はこね Tokaido53_10_hakone 画題:「湖水図」 wpfto5310

東海道五拾三次之内10番目 箱根宿 はこね Tokaido53_10_hakone 画題:「湖水図」 wpfto5310

東海道五拾三次之内10番目 箱根宿 はこね Tokaido53_10_hakone 画題:「湖水図」 現在の神奈川県足柄下郡箱根町で、小田原を過ぎるといよいよ箱根八里の添加の嶮へかかる。芦ノ湖畔の箱根町まで16.6キロメートル。
 海道一の難所であることはよく知られている。羊腸の山路、亭亭の松並木。旅人は馬の背や駕篭で、また草鞋の足も重く登っていく。そして芦ノ湖畔へ達する。一望にひらける芦ノ湖、遠く富士の白雪、右手に駒ヶ岳、神山、左手に双子山、その裾を街道が通っている。配色の特異さで仏蘭西の印象派に影響を与えたといわれている。その配色の特徴は中央にそそり立つ駒ヶ岳らしい山肌に示されている色彩を用いた絵はない。
 構図的にもすばらしさを見せて、左手に深く沈んだ芦ノ湖の水面、遠山の上に富士が見える。これに対して、右手の峨峨たる重畳の山々、箱根を登りきって箱根町へ下りる道を大名の行列が下がっている姿だけが唯一つの動きとなっている。
 歌川 広重 Hiroshige Utagawa

Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

About the author: 重右衛門