東海道五拾三次之内25番目 日坂宿 にっさか Tokaido53_25_nissaka 画題:「佐夜の中山」 wpfto5325

東海道五拾三次之内25番目 日坂宿 にっさか Tokaido53_25_nissaka 画題:「佐夜の中山」 wpfto5325

東海道五拾三次之内25番目 日坂宿 にっさか Tokaido53_25_nissaka 画題:「佐夜の中山」 現在の静岡県掛川市で、金谷から6.5キロメートルで遠州日坂に達する。
 その途中に、佐夜(小夜)の中山がある。ここに夜泣石の伝説がある。日坂の妊娠した女が金谷の夫を訪ねる途中、この佐夜の中山にかかった時に山賊のために斬り殺された。腹の子は助けられ、附近の女がこれを飴によって育てた。母親が殺された時の血が傍らの石にかかり、その石が夜な夜な泣いたというので、この石を夜泣石といった。この夜泣石は現在もあり、子供を飴で養育したというので、子育飴として名物になっている。
 歌川 広重 Hiroshige Utagawa

Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

About the author: 重右衛門