東海道五拾三次之内27番目 袋井宿 ふくろい Tokaido53_27_fukuroi 画題:「出茶屋」 wpfto5327

東海道五拾三次之内27番目 袋井宿 ふくろい Tokaido53_27_fukuroi 画題:「出茶屋」 wpfto5327

東海道五拾三次之内27番目 袋井宿 ふくろい Tokaido53_27_fukuroi 画題:「出茶屋」 現在の静岡県袋井市で、袋井宿は掛川から9.6キロメートルで、宿外れの一風景である。
 出茶屋とは街道の、ところどころに葭簀張りの簡単な休み所のことで、旅人はこうした茶屋で足を休め渇きをいやしたものだ。
 欝蒼と茂る大樹の下の出茶屋で、飛脚は腰をおろして一服し、駕篭かきの一人は駕篭に休み他の一人は煙草の火をつけている。枝から大薬罐をつるしている茶店の媼、立ちのぼる薪の煙、まことに野趣横溢の風景である。右手はひらけてとり入れの済んだ野面と村落。左手に絵をよせて、右手の草むらに立てた立札で画面の均衡をはかっている。その立札の上にとまっている燕の姿が印象的で、しかも、この小鳥が、やがてここから去っていくであろう燕であるところに旅情を深く感じさせている。
 歌川 広重 Hiroshige Utagawa

Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

Related posts:

About the author: mytsuruta