東海道五拾三次之内28番目 見附宿 みつけ Tokaido53_28_mitsuke 画題:「天竜川図」 wpfto5328

東海道五拾三次之内28番目 見附宿 みつけ Tokaido53_28_mitsuke 画題:「天竜川図」 wpfto5328

東海道五拾三次之内28番目 見附宿 みつけ Tokaido53_28_mitsuke 画題:「天竜川図」 現在の静岡県磐田市で、袋井から5.9キロメートルで見附宿につく。
 この宿を出ると、天竜川で行く手を拒まれる。しかし、天竜川は急流なので舟で渡った。この舟渡しの情景を描いたがこの絵は川の絵の中でも傑作といわれている。
 霧に煙る遠景の色彩処理と近景の描写にすぐれた広重の手腕が示されているからである。この絵では近景の二艘の渡し舟と、二人の船頭が焦点となっている。しかも一人の船頭のもつ棹が、画面唯一つの縦の線となってこの絵に活を与えている。この構図法は実にすばらしい。この一本のカッキリした直線によって、中景の河原の旅人の群の遠さも生き、さらに川霧に模糊とした対岸の樹木の二段描写が遙かに、遙かに、その遠さを見せている。全体の色彩も実に簡略で、しかも情景美が浮き上がっている。また二人の船頭の描写も巧みである。この絵は天竜川にこだわらず、風景画として秀逸である。この図には、遠景の二段のぼかしの下に二本の実線が霞のように入っている図がある。これは校合摺の時に残されたぼかしの当たりであったが、そのまま削り残ってしまったものらしく、後には削られている。
 歌川 広重 Hiroshige Utagawa

Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

Related posts:

About the author: mytsuruta