東海道五拾三次之内51番目 石部宿 いしべ Tokaido53_51_Ishibe 画題:「目川の里」 wpfto5351

東海道五拾三次之内51番目 石部宿 いしべ Tokaido53_51_Ishibe 画題:「目川の里」 wpfto5351

東海道五拾三次之内51番目 石部宿 いしべ Tokaido53_51_Ishibe 画題:「目川の里」 現在の滋賀県湖南市で、水口宿から石部宿まで13.7キロメートル。
 ここは菜飯と田楽が有名で、その店「伊勢屋」を描いた絵である。
 春の景色らしく、遠く見える山、三上山も春霞の彼方に薄鼠に眠っているように、おだやかである。海道には伊勢参りの連中のさんざめきが賑やかである。この一群の人物の描写が実に巧みで、名物店の前の旅情を表現して遺憾がない。旅人達には一切構わずに行く、二人の荷を背負った農夫の姿が、また得もいわれない村落の情趣となっている。
 歌川 広重 Hiroshige Utagawa

Hiroshige Utagawa

ウィキペディア 歌川 広重

Related posts:

About the author: mytsuruta