鶴・こうのとり図屏風 つる・こうのとりずびょうぶ 北斎 Hokusai jpshohi42

鶴・こうのとり図屏風 つる・こうのとりずびょうぶ

ライン

鶴・こうのとり図屏風 つる・こうのとりずびょうぶ
葛飾北斎筆
二曲一隻
絹本着色
落款 北斎筆
縦 25.1cm
横 155.8cm
文化九~十二年(1812~15)頃
神奈川 氏家浮世絵コレクション
 七羽の鳥が三つに分かれて翔んでいく。一羽一羽が違った存在なのだが、この図を見ていると、左のもっとも前にいるこうのとりから、右の遠くへ翔び去っていく鶴まで、一羽の鳥の飛翔の様子を時間を追って順に描いていったような錯覚を受ける。それほど、この絵には七つの個体の間におたがいの動きが他の動きと結びあい、連動しているような一連の流動感が感じられる。
 鳥に大小をつけるだけで、確実な距離感と奥行を表現できる北斎の技量の冴えに舌をまく。
 鳥の描写は細密な写実的表現をおこなっており、なまなましい彩色とともに南蕪派の研究を示すものだろう。
 「雷震」印は北斎が文化九年から十二年まで使用している。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

Related posts:

About the author: mytsuruta