遠近風景画 富嶽三十六景 其の参 東都駿臺 Touto Surugadai Thirty-six Views of Mount Fuji 3D

富嶽三十六景 其の参 東都駿臺 Touto Surugadai Thirty-six Views of Mount Fuji

ライン

絵:富嶽三十六景 其の参 東都駿臺
画:葛飾北斎
初版:1830年頃

 富嶽三十六景の三番目、駿臺とは神田駿河台のこと現在は予備校の街として知られた神田駿河台。
右手前の屋敷少し高台から屋敷の屋根を越して遠景に見える富士山を望み、その手前に立ち並ぶ民家が描かれ広大な距離感がうかがえます。
また一番手前が坂道になり荷を担ぐ行商人や巡礼者、供を連れた侍たち、額に扇をかざす者など、画中に描かれた人物たちの躍動感が描かれています。

1.屋敷
2.坂道を行き交う人々
3.遠方の民家
4.富士
とこの絵を背景四面に分割し動画にしました。

制作:日本美術のサイト重右衛門

葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

浮世絵 Ukiyo-e

Wikipedia Ukiyo-e

ウィキペディア 浮世絵

富嶽三十六景 Thirty-six Views of Mount Fuji

Wikipedia Thirty-six Views of Mount Fuji

ウィキペディア 富嶽三十六景

About the author: 重右衛門