遠近風景画 富嶽三十六景 其の七 五百らかん寺さざゐどう Gohyakurakanji Sazaedou Thirty-six Views of Mount Fuji 3D

遠近風景画 富嶽三十六景 其の七 五百らかん寺さざゐどう Gohyakurakanji Sazaedou Thirty-six Views of Mount Fuji 3D

遠近風景画 富嶽三十六景 其の七 五百らかん寺さざゐどう Gohyakurakanji Sazaedou Thirty-six Views of Mount Fuji 3D

ライン

絵:富嶽三十六景 其の七 五百らかん寺さざゐどう
画:葛飾北斎
初版:1830年頃

 現在の江東区大島町にあった現在は下目黒に移ってる天恩山五百羅漢寺を描いています。
 三匝堂(さんそうどう)は寛保元年(1741)に建立された三層の堂で回廊が螺旋状に続く形状から「さざえ堂」と呼ばれ、その三層楼から眺める人々眼下に広がる隅田川・竪川越しに遠方に富士山を望む描き方である。

1.三層楼から眺める人々
2.隅田川・竪川
3.対岸の荒川
4.富士山
とこの絵を背景四面に分割し動画にしました。

制作:日本美術のサイト重右衛門

葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

浮世絵 Ukiyo-e

Wikipedia Ukiyo-e

ウィキペディア 浮世絵

富嶽三十六景 Thirty-six Views of Mount Fuji

Wikipedia Thirty-six Views of Mount Fuji

ウィキペディア 富嶽三十六景

About the author: 重右衛門