常州牛掘 じょうしゅううしぼり Ushibori in Hitachi Province. wpfmf3619

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

常州牛掘 じょうしゅううしぼり Ushibori in Hitachi Province. wpfmf3619

常州牛掘 じょうしゅううしぼり Ushibori in Hitachi Province.

現在の茨城県潮来市を描いたもので、当時霞ヶ浦は、富士が眺望することのできる景勝地として知られていました。霞ヶ浦に浮かぶ苫舟を近景に大きく描き出し、藍色を基調にすることによって、冬の朝の凍えるような寒さを表現しています。北斎ほど大自然の厳しさと人々の営みを同時に描き出した絵師はいないでしょう。
 早朝の霞ヶ浦を行く苫舟が描かれています。舟が対角線方向に位置し、動きのある構図と言えます。その点で、美術的には、一段上の藍摺り作品です。
 苫舟は、風雨を防ぐためにすげやかやを編んで作ったむしろを被せた舟のことですが、その被せられたむしろの形が富士の雪と対照されていて、そこに浮世の富士が描かれていることが判ります。米のとぎ汁をこぼす様は白糸の滝に見立てられているのかもしれません。その音に驚いて飛び立つ白鷺の羽音が聞こえてきそうです。舟上での暮らしが垣間見えていて、その生活風景が富士の一景をなしているのです。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

More To Explore