今様美人合・新製姿見酒盃 豊国 jpstoyokuni32

今様美人合・新製姿見酒盃 豊国

ライン

今様美人合・新製姿見酒盃 豊国
大判錦絵揃物 39・4×27・3cm
落款:豊國画
板元:今利屋丑蔵極印
所蔵:酒井コレクション
 姿見酒盃は、コマ絵に見えるような役者似顔を描いた盃らしいです。この品をさすと思われる広告が、この錦絵と同じ版元今利屋丑蔵刊の合巻『成田山御手の綱五郎』(鶴屋南北門人亀東作・豊国画文政八年)の奥付に次のようにあります。「皿皿画艦豊国の画にて極さいしき女ゑ惣やくしや似がほの類しなく木地盃びいどろ張に金のいっかけありて風りうの雅品にして御っかひ物にょろし」。こういうアイディアはこの版元だけでなく、すでに文政六年の西村永寿堂の合巻『女夫織玉川晒布』(馬琴作・豊国画)の奥付広告に「束錦焼陶酒盃」の名で北斎に名所山水、国貞に役者似顔を描かせた陶盃を宣伝していますから、この頃の流行だったのでしょう。盃とモデル美人との宣伝を兼ねてこのシリーズは計画されたらしいです。当図は湯上がり美人が琶の形を櫛で整えるポーズで、豊国の筆はみずみずしい肢体を描き出しています。線にやや固みを見せ始めているが往年の張りはうかがわれます。コマ絵の役者は二代岩井粂三郎の似顔。
歌川豊国 Utagawa Toyokuni

Wikipedia Utagawa Toyokuni

ウィキペディア 歌川豊国

Related posts:

About the author: mytsuruta