国芳 花魁 jpskunisada27

国芳 花魁

ライン

国芳 花魁
大判錦絵 組物 37.9×26.1 cm
落款:一勇斉國芳画 杖元:川口尾長蔵 極印
所蔵:酒井コレクション
 国芳がいよいよ売り出した天保二年ごろの作品で、このころの彼としては珍しい美人大首絵です。版元を同じくし、狂歌の入れ方も似た、同じ組み物に属すると見られる大首絵がなお二枚あり、一つは浴衣姿の湯上がりの囲い女、今一つは江戸前の渋好みの着付けの唄女、そして当図の遊女を加えて三幅対風の組み物を構成するように見受けられます。この花魁の衣裳は他の二者の簡素に比して華美な模様と色調を用い、黒地に黄の橘の総模様が、漆黒の髪に挿した黄色の櫛莽と、それぞれ美しく映発し合って、鮮烈な印象を与えます。顔と胴の釣り合いの不自然さ、描線にまだ残るぎこちなさなどが目立ちますが、国芳の若さと意気込みとが画面にあふれ、清新感があります。賛の狂歌に梅屋とあるのは、国芳のよき理解者であり、援助者であった梅屋鶴寿で、「瓦やく今戸もあるに玉なせる あそひのここにつとふたかとの」と記し、今戸から程近い吉原の遊女であることを暗示しています。
歌川 国貞 Utagawa Kunisada

Wikipedia Kunisada

ウィキペディア 歌川国貞 (3代目)

Related posts:

About the author: mytsuruta