英泉 江戸日本橋ヨリ富士ヲ見ル図 jpskunisada56

英泉 江戸日本橋ヨリ富士ヲ見ル図

ライン

英泉 江戸日本橋ヨリ富士ヲ見ル図
大判錦絵 揃物 25.9×38.5 cm
落款:英泉両 板元:江崎屋吉兵衛
所蔵:酒井コレクション
 英泉の意欲は、風景画に、浮絵風や漢画風その他の試みを行なっていますが、とりわけ目を惹くのは、蘭宇枠を用いた洋風の作品群です。徹底した洋風明暗の外光表現までには至っておらず、時に漢画的筆致が混在し、ふしぎな味わいをもちます。ただ色調は、藍と薄墨と緑を基調とし、印象は比較的さわやかに仕上がっています。このシリーズには当図のほかに、「江戸不忍弁天ヨリ束叡山ヲ見ル図」「江戸高輪之景」等があります。ただ柳々居辰斎の作品をこの様式に直し、英泉落款を入れたものも兄受けるからこれは除外しなければなりません。この日本橋図は明らかにこの種の蘭字枠もの中の標準作です。川上ヘー石橋・江戸城と送り込み、丹沢武相の連山から富士山へ達するパースペクティヴがなだらかに構成されています。家並みは漢画的筆致、山裴と樹木は洋風陰影、と英泉らしい様式混肴にかえって面白味があります。特に遠空の湧き雲は、これは蘭画風に表現され、印象深いです。なお蘭宇枠中、VOCの組み合わせ文字は、東印度会社のマークです。
歌川 国貞 Utagawa Kunisada

Wikipedia Kunisada

ウィキペディア 歌川国貞 (3代目)

About the author: 重右衛門