歌撰恋之部・深く忍恋 歌麿 jpsutamaro26

歌撰恋之部・深く忍恋 歌麿

ライン

歌撰恋之部・深く忍恋 歌麿

大判錦絵揃物 38.2×25.4cm
落款:歌麿筆
板元:蔦屋重三郎
所蔵:東京閥立博物館
 このシリーズは、万栞集をはじめとする和歌集の恋之部になぞらえてさまざまな恋に悩む女性の姿を主題としています。
 賢がぴんと横に張った”とうろうぴん”や中挿をさした大きな髪の髪型は、いわゆる町人の女房の典型的な丸髪です。そしてわずかに開いた口許からは、お歯黒で染めた歯がかすかにのぞきます。紫の竪縞に黒の襟をつけた風俗も、また赤い羅宇の煙管を持った手の描写が効果的となって、恋に悩む中年女性のなやましさを描きつくしている。
 すっと通った鼻筋に対して、細めた目が、そうした心理状態をよく表現しています。
 こうした作品で、歌麿が外面的美しさのみでなく、女性の内面的心理状態までも描写し、表現するようになったことを知ります。
 そうした表現を効果的にしたものに、歌麿の作画力の優秀さが注目されるのはもちろんですが、髪の生え際にみる彫師の陰の協力が大きくものをいっているのもみのがせません。
喜多川歌麿 Kitagawa Utamaro

Wikipedia Kitagawa Utamaro

ウィキペディア 喜多川歌麿

Related posts:

About the author: mytsuruta