嵐竜蔵の奴浮き世又平と三代大谷広次の奴土佐の又平 写楽 jpssharaku32

嵐竜蔵の奴浮き世又平と三代大谷広次の奴土佐の又平 写楽

ライン

嵐竜蔵の奴浮き世又平と三代大谷広次の奴土佐の又平 写楽

大判錦絵36.8×23.4cm
落款:東洲斎寫渠画
板元:蔦屋重三郎極印
所蔵:酒井コレクション
 写楽の大判に現れる二人描写は、その両者の対照を明瞭にすることにポイントをおいています。この絵もそのコントラストによってすばらしい出来映えを示しています。まず着物は、竜蔵の紅殻地に分銅小紋模様に対し広次の草色地に菖蒲草小紋模様、襟は竜蔵の白地に青緑の竹模様に対し広次の代賭と黄の太い縞模様、廻しは両者とも同じ紅色ですが、広次の方には皺の筋を入れ、竜蔵のには定紋が図案化されて描かれています。それに竜蔵の黒足袋と朱鞘の刀に対し、広次の素足に黒鞘の刀といった点も、色彩の対照としてあげられましょう。その間にあって、黒の襟が顔面や肌の白さを浮きたたせて画面をひきしめています。ポーズにおいても竜蔵の両手が胸の上に組むのに対して広次は後手に帯を締め直しています。両者の足が図の下方で組み合わされて、相互の諧調的な統一を巧みになしとげています。写楽の画面すみずみまでに心のいきとどいた確実な表現力をみることのできる傑作です。
東洲斎 写楽 Toushusai Sharaku

Wikipedia Toushusai Sharaku

ウィキペディア 東洲斎写楽

Related posts:

About the author: mytsuruta