人形遣い 春信 jpsharunobu44

人形遣い 春信

ライン

人形遣い 春信

柱絵判錦絵72.0X13.5cm
落款:鈴杢呑信画 板元:不明
所蔵:ホノルル美術館
 女形役者の人形を遣う振袖姿の娘と、供奴の人形を遣う若衆とが、それぞれに向きあうように描かれています。おそらくは、当初二枚続きとして作られたものでしょう。第45図は、参照するにつけ、背地のうす墨色が後世故意に加えられたものと判断され、その改変が少しく恨まれます。しかし、アメリカおよび西ドイツに遠く分かれた二図の柱絵が、いま、日本から出版される春信画集でようやく再会することができたのです。同時に生まれた版画も、二百年の時を渡って所蔵者の間を転々と移るうち、それぞれ異なる境遇に出会ったとして不思議ではありません。
鈴木 春信 Suzuki Harunobu

Wikipedia Suzuki Harunobu

ウィキペディア 鈴木 春信

About the author: 重右衛門