国貞 今風化粧鏡・合わせ鏡 jpskunisada05

国貞 今風化粧鏡・合わせ鏡

ライン

国貞 今風化粧鏡・合わせ鏡
大判錦絵 揃物 38.0×25.8 cm
落款:五渡亭國貞画 板元:東屋大助 極印
 文政期国貞の美人大首絵中、屈指の力作シリーズです。
十枚からなり、各図同じ向きの鏡枠のデザイン内に、諸種の環境の美人の化粧姿を描いています。規格的なデザインの制約を克服し、図様に変化を与えるため、国貞は、ポーズや化粧道具にはなはだ意を用いています。ここのシリーズの他のどの図にも見られなに択んだ一図など、こい仙女香(白粉の名)の包み紙をあしらい、枠内も美人の合わせ鏡という、複雑で動きのある構図を取って、並々でない意欲のほどを見せています。鏡中の柄鏡に映る襟足が美しく、白粉をすり込む指先に微妙な色気を感じます。切れ長の目の端に部分的に施した薄い水色は従来の美人画に見られぬ手法で、写実味を濃くしています。額から饗へかけての髪の生えぎわの毛割りがことに見事で、鑑賞の一ポイントを形作ります。抑えて、しかも効果ある色調もよいです。なお当シリーズ中、眉をかくす美人の膝上の手習い草子めいた紙の字が「文政六年末」と読め、このシリーズの制作年代判定の好資料となっています。
歌川 国貞 Utagawa Kunisada

Wikipedia Kunisada

ウィキペディア 歌川国貞 (3代目)

Related posts:

About the author: mytsuruta