高島おひさ 難波屋おきた 歌麿 jpsutamaro21

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
高島おひさ 歌麿
高島おひさ 歌麿
高島おひさ 歌麿
高島おひさ 歌麿

ライン

高島おひさ 歌麿

細判錦絵組物(両面摺)33.2×15.4cm
落款:母暦画
板元:不明極印
22 難波屋おきた
細判錦絵組物(両面摺)33.2x15.2cm
落款:歌麿画
板元:不明極印
 この両図は、いずれも一枚の奉崇:の表裏をうまく利用して、寛政期を代表する人気女性高島おひさ、難波屋おきたの美しさを立体的に描こうと、両面摺りという特殊な技法を用いて、用紙の表裏にそれぞれの前姿と後姿を摺った作品です。図版でもそうした歌麿苦心の作意の一端がわかればと、原画と同じように二ページにわたって表裏を印刷して紹介してみました。
 歌麿は、このおひさとおきたがよほどお父に入りであったのか、茶汲み姿で、また日常の風俗でというように、全身像、七分身像、大首絵など種々の構図で、ほかの評判女性以上に多く描いています。
 難波屋おきたは、浅草観音境内の水茶屋難波歴の茶汲み女で、美貌であったばかりではなく、少ない茶代でもおせじもよかったという性格のよさも、彼女の人父を高めていたといわれる。
 おきたに対して、高島おひさは、両国薬研堀米沢町二丁目の煎餅屋高島長兵衛の長女であ。た。生家は、公儀御用の巻煎餅を業とし、資産も相当あり、両国橋付近の興行場はみなその所有であって、また水茶屋も経営していたといいます。おひさはその水茶屋の看板娘でした。
 歌麿は、こうした両者の違いを、おきたはお茶をささげ、煙草盆をさげたさっそうとした姿で描き、おひさは団扇をかざしたおっとりとした姿で描き分けています。
喜多川歌麿 Kitagawa Utamaro

Wikipedia Kitagawa Utamaro

ウィキペディア 喜多川歌麿

More To Explore