益田兼堯像 ますだかねたかぞう Masuda Kanetaka image. 雪舟 Sesshu jpssesh64

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

益田兼堯像 ますだかねたかぞう Masuda Kanetaka image. 雪舟 Sesshu
重要文化財 1479年(文明一二紙本着色 一幅 75.7×40.2cm
 益田兼堯は、島根県益田の城主て、応仁の大乱て畠山義就と戦い勲功のあった武将てある。また、雪舟が世話になった大内氏とも縁戚関係にあった。文明十七年(1485)に卒するが、それ以前兼尭が大道の折、俗体を去るにあたって描いたのが、この像てある。世に雪舟筆と言われる画像の中ては、最も優れ、品格の高い容貌を正確に捉え、謹厳な描写のうちにまとめている。肖像画てあるから、従来の大和絵的な描線も用いられているが、像を画面一杯に描いたり、身体を包む描線にも、あくまてリアル感を高める表現に努めているあたりは、雪舟の像主に対する敬虔な気持ちが認められる。
 図上の賛者、竹心周鼎は大内氏の縁者てあった勝剛長柔の法弟てあって、石見益田兼堯から帰依を受けた、東光寺の僧てある。賛文の年記に、文明十一歳冬とあるが、恐らく雪舟が益田に掛錫した折に、描いたと思われる。これは。雪舟の行動を示す意味と、肖像画を描いたという例証としてまことに貴重てある。
Sesshu 雪舟

Wikipedia Sesshu

ウィキペディア 雪舟

More To Explore