深川万年橋下 ふかがわまんねんばしした Under Mannen Bridge at Fukagawa. wpfmf3606

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

深川万年橋下 ふかがわまんねんばしした Under Mannen Bridge at Fukagawa. wpfmf3606

深川万年橋下 ふかがわまんねんばしした Under Mannen Bridge at Fukagawa.

現在の東京都江東区深川を描いたもので、鳥居越しに富士を見る、所謂「鳥居見立て」の構図の代表作品です。江戸時代の深川は、隅田川をわたった東側で「川向こう」呼ばれ、新興地ゆえの自由な雰囲気があり、新しいものがどんどん出来る、いきいきとした街だったようです。万年橋も往来の人々で大変賑わっています。
作品の技術的観点では、先行する河村岷雪『百富士』「橋下」の発想や、北斎の文化年間の洋風版画的試作「たかはしのふじ」などの積み重ねの結果生まれたものと判断されましょうが、富嶽シリーズの一枚としては、その構図の意図をさらに説明本図は、隅田川に浮かぶ船の中から、万年橋を見上げたような構図が印象的です。
橋のカーブが美しいアーチをもって描かれ、鮮やかな藍色で全体にすっきりと仕上げられています。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

More To Explore