夜の梅 春信 jpsharunobu07

夜の梅 春信 巾判錦絵 32.4×20.9cm落款:なし 板元:不明所蔵:メトロポリタン美術館 暗香浮動。どこからともなくただよいくる梅の芳香にいざなわれて、深窓の娘がひとりF燭をとり、間につつまれた廊下へと出ます。庭前 […]

雨 春信 jpsharunobu05

雨 春信 中判錦絵 26.9×20.1cm落款:なし 明和三年絵暦 被衣をかぷる貴婦人が、侍女に傘をさしかけさせて雨の中を歩みゆきます。まるで京都の浮世絵師西川祐信の絵本からそのまま抜け出てきたような美人たちの物腰には、 […]

雨乞い小町 春信 jpsharunobu04

雨乞い小町 春信 中判錦絵 28.8×20.6cm落款:年路工 明和三年絵暦所蔵:シカゴ美術館 謡曲で親しまれた小野小町にまつわる七つの逸話、いわゆる{七小町}は、春信によって当世風俗に見立てられ、紅摺絵の最末期に「風流 […]

お百度参り 春信 jpsharunobu03

お百度参り 春信 中判錦絵 27.4×20.0cm落款:なし 板元:不明所蔵:シカゴ美術館 直立する杉の枝に石段の斜行線がまじわる構成は、直線のもつさわやかな効果をいかして、画面に繊細なリズムを生んでいます。その中央には […]

水売り 春信 jpsharunobu01

水売り 春信 中判錦絵 25.5×19.3cm落款:なし板元:不明所蔵:東京国立博物館 真夏の日盛りの中を、笠をつけた若者が天秤棒に水桶をかついで、小走りに通り過ぎてゆきます。紫の着物は帯もしめず、風をはらんで、たもとや […]