男女図 湖屯斎 jpsharunobu69

男女図 湖屯斎 双帖絹本署色各85.0×31.8cm落款:法橋湖龍斎画所蔵:熱海美術館 紫色の絣の振袖を粁た美人と、茶色の長羽織をつけた若衆の画像を、それぞれの幅に背景もなく描いた二幅対の秀作です。浮世絵師で肉筆画に長じ […]

男女図 湖屯斎 jpsharunobu68

男女図 湖屯斎 双帖絹本署色各85.0×31.8cm落款:法橋湖龍斎画所蔵:熱海美術館 紫色の絣の振袖を粁た美人と、茶色の長羽織をつけた若衆の画像を、それぞれの幅に背景もなく描いた二幅対の秀作です。浮世絵師で肉筆画に長じ […]

羽根突き 湖竜斎 jpsharunobu67

羽根突き 湖竜斎 絹本署色 35.2×58.0cm落款:庖需法橋湖龍躇画所蔵:東京国立博物館 門松飾る正月の街頭で、羽根突きに興じる二美人を描きます。かたわらには、打ち交わされる羽根を見上げ、はしゃぎ戯れる男の子が一人添 […]

月に雁 小松軒 jpsharunobu64

月に雁 小松軒 中判錦絵 26.5×18.9cm落款:なし 板元:不明所蔵:シカゴ美術館 小松屋百亀は江戸飯田町の薬種屋の主人で、通称を三右衛といい、小松軒、不知足山人と廿しましました。明和二、三年の絵暦交換会に積極的に […]

朝顔 湖竜斎 jpsharunobu63

朝顔 湖竜斎 柱絵判錦絵 68.2×12.0cm落叙:湖施膏画 板元:不明所蔵:高橋コレクション 起きぬけの遊女とおぼしき美人が庭先に出て、朝顔の花を眺めています。しどけない寝着が細く流麗な線描で表され、その繊細な身体を […]

きぬぎぬ 湖竜斎 jpsharunobu62

きぬぎぬ 湖竜斎 柱絵判錦絵 69.4×13.0cm落款:湖龍膏図 板元:不明所蔵:リッカー美術館 後朝の別れを惜しむ客と遊女を搬くもので、風寒い朝の遊里に見かけた情緒糾綿の寸景というところ。画面上部には大きく赤い朝日が […]