花 国安 jpstoyokuni54

花 国安大判錦絵 揃物 38・2×26・0cm落款:國安画板元:会 極印 国安の感受性は鋭いです。筆も切れるように立ちます。その彼が、文化末年、最も脂の乗り切った時期の制作で、おそらく彼一代の傑作と見られる雪月花の三幅対 […]

月 国安 jpstoyokuni55

月 国安大判錦絵 揃物 38・5×26・3cm落款:國安画板元:会 極印 国安の感受性は鋭いです。筆も切れるように立ちます。その彼が、文化末年、最も脂の乗り切った時期の制作で、おそらく彼一代の傑作と見られる雪月花の三幅対 […]

雪 国安 jpstoyokuni56

雪 国安大判錦絵 揃物 38・5×26・3cm落款:國安画板元:会 極印 国安の感受性は鋭いです。筆も切れるように立ちます。その彼が、文化末年、最も脂の乗り切った時期の制作で、おそらく彼一代の傑作と見られる雪月花の三幅対 […]

嵐三八の伊豆の治良祐兼と市川男女蔵の鬼王新左衛門 国政 jpstoyokuni41

嵐三八の伊豆の治良祐兼と市川男女蔵の鬼王新左衛門 国政(「大紋日花街曾我」寛政十一年一月市村座)大判錦絵 39・1×26・0cm落款:國政画板元:鶴屋喜右衛門所蔵:酒井コレクション 寛政十年頃から国政は役者二人立ち図を描 […]

梅見美人 国丸 jpstoyokuni57

梅見美人 国丸大判錦絵 38・7X25・6cm落款:彩霞楼國丸筆板元:松村辰右衛門極印 国丸は気っぶのいい人だったらしく、どの絵にもどこか淡白さが見えます。外見は粗に、内に洗練された美意識を宿す末期江戸前美人の気性といっ […]

市川男女蔵の長尾三郎かけかつと市川八百蔵の横蔵 国政 jpstoyokuni42

市川男女蔵の長尾三郎かけかつと市川八百蔵の横蔵 国政(「本朝廿四孝」寛政十一年五月市村座)大判錦絵 39・2×26・2cm落款:國政画板元:丸屋文右衛門所蔵:酒井コレクション 同じく寛政末、国政は七分身の役者二名を前後に […]

夏 国直 jpstoyokuni58

夏 国直大判錦絵 揃物 39・0×26・6cm落款:國直筆板元:? 極印 国直は歌川派ながら、洋風を試みたり、北斎に私淑したこともあって、構図がこまかく、描写もときに過ぎたきらいがあります。この図もその癖が出て、髪洗いの […]

河岸船美人 豊広 jpstoyokuni44

河岸船美人 豊広幅広柱絵判錦絵70・2×25・1cm落款:豊廣画板元:不明所蔵:座示国立博物館 前図と同じ様式の掛物絵ですが、人物が前図が斜めに背を見せて見上げているのに対して、こちらは体をひねり気味に前面を見せ、顔は見 […]