本所立川 ほんじょたてかわ Honjo Tatekawa. the timberyard at Honjo. wpfmf3605

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

本所立川 ほんじょたてかわ Honjo Tatekawa. the timberyard at Honjo. wpfmf3605

本所立川 ほんじょたてかわ Honjo Tatekawa. the timberyard at Honjo.

現在の東京都墨田区立川を描いたもので、隅田川にそそぐ竪川の両脇に並んでいた材木問屋を描いています。高く積み重ねられた材木の間から見える富士。遠近法を駆使した北斎得意の構図です。手前に細くまっすぐに描かれている材木の描線は、彫師にとってはの高度な技術が要求される部分で、腕の見せ所でもあります。
 画中右下の立て掛けた材木等に、右から「馬喰丁弐丁目角 西村」、「西村置場」、「永壽堂仕入」、「新板三拾六不二仕入」などの書き入れがあります。したがって、裏富士シリーズの最初の一枚目の可能性が高い作品と言えます。
表富士で意表を突いた構図として好評であった、「遠江山中」の木挽きスタイルを中央に置いたのも、新版としての意気込みを物語るものです。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

More To Explore