東海道程ケ谷 とうかいどうほどがや Hodogaya on the Tokaido. wpfmf3623

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

東海道程ケ谷 とうかいどうほどがや Hodogaya on the Tokaido. wpfmf3623

東海道程ケ谷 とうかいどうほどがや Hodogaya on the Tokaido.

現在の神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町を描いたもので、東海道の宿場としても有名な保土ヶ谷を描いたこの作品は、富士を眺めながら東海道を旅する楽しさを教えてくれます。松並木を透かして見える富士、そこを行き交う人々。江戸の人の生き生きとした様子が、北斎の絶妙な筆使いによって描かれています。また、本作は、フランス印象派の画家モネの名作「ポプラ並木」に影響を与えたことでも有名です。
 この作品は、二本ずつの松が四組・計八本立っています。そこから覗く富士の絵組みは、富士神霊の在りどころを示す、馬子が富士に視線を送り、富士と東海道保土ヶ谷(品野坂)とを結びつけています。こうして、浮世絵を見る者は、道中、富士との一体感を持つことができると思うのです。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

More To Explore