相州梅澤庄 そうしゅううめざわのしょう Umegawa in Sagami Province. wpfmf3627

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

相州梅澤庄 そうしゅううめざわのしょう Umegawa in Sagami Province. wpfmf3627

相州梅澤庄 そうしゅううめざわのしょう Umegawa in Sagami Province.

現在の神奈川県二宮町梅沢地区を描いたもので、梅沢は二の宮の庄にあって押切川のほとりで富士が眺められる場所です。青い富士と丹頂鶴、うす紅色の雲、幻想的な色合いが美しい作品です。うす紅色の雲は夜明け前の一瞬の空の色を示しており、富士に向かって飛び立つ丹頂鶴から、朝のすがすがしさが放たれるようです。富士と鶴が主に描かれており、お正月の爽やかな雰囲気に合うと新年を迎えるときにオススメの作品です。
 富士を背景とする群鶴図で、さすがに風景画や名所絵としてよりは、吉祥図として説明する向きが一般的です。しかしながら、北斎が敢えて「相州梅澤左」と実在の地名を冠している。なお、「梅澤左」に関しては、「梅澤庄」あるいは「梅澤在」の誤りと言われています。
葛飾 北斎 Hokusai Katsushika

Wikipedia Hokusai Katsushika

ウィキペディア 葛飾 北斎

More To Explore