四季山水図 Four Seasons landscape view 雪舟 Sesshu jpssesh01

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

四季山水図 Four Seasons landscape view 雪舟 Sesshu重要文化財 絹本着色 全四幅 各149.2×75.8cm 東京国立博物館
春夏秋冬を四幅形式に描き表わすことは、中国ては北宋時代から行なわれていて、その歴史は古い。雪舟も、この形式に倣って描いたものてあるが、款記に「日本禅人等揚」とあるところから、恐らく在明中に、この原本となるものに基づいて描いたものてあろう。
今、その原本を何によったかは明瞭に出来ないが、戴進(宣徳年間活躍)あたりの画風によったと思われる。図中に「光沢王府珍玩之章」と読まれる鑑蔵印や、その他印文不明の二穎が認められる。いわば雪舟在明期間の、修業中の制作態度を知るに良き資料てある。
さらに構図法や画法においても、新画様の制作に努めたことを物語るものて、ただ観光に時を費したのてはなく、滞在中も制作に余念のなかったことが知られる。しかも、かつての相国寺画壇にあったときと異なり、現地にいてまさにその壷中に珠を拾うような気持ちて忠実に、しかも自力を充分試す、よき機会てあったわけてある。この時期に、後期の基盤が出来上がったものとして、まことに意義深いものがある。
大画而面制作に寄せた労作ぶりや、的確な画法は、微動だにしない研究心の旺盛さを制作て示したものてある。特に冬景図は、戴進筆「山水図」(冬)があり、この筆法からヒントを得たことを知るに相応しく、池寛様の筆法及び水墨法を示している。なお図中主山を堂々と配置し、そこに粗削りの皺法を表わし、また樹棺描写は細密て、しかも量感を添える墨色の強弱を用いるなど、まことに緊密な筆の重ねに、中国技法をつぶさに写し取ろうとする意欲が、ありありと見受けられる作てある。
在明中の、先人の画風や画法への厳しい執念にも似た態度には、敬服の他はない。現今、「-等揚」と楷書て落款のある遺作の中ては、最も早い時期に属する作品として、注目に価する傑作てある。
Sesshu 雪舟

Wikipedia Sesshu

ウィキペディア 雪舟

More To Explore