天橋立図 あまのはしだてず Amanohasidate view. 雪舟 Sesshu jpssesh20

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

天橋立図 あまのはしだてず Amanohasidate view. 雪舟 Sesshu
国宝 紙本墨画淡彩 一幅 90.2×169.5cm 京都国立博物館
 この図は、徳用将軍家に蔵されていた天橋立図(明暦三年江戸大火で焼失)の稿本てあると伝えられる。雪舟は中国の風景もよく描いたが、渡明帰国後日本の国を旅行して日本の風景も描き残している。「鎮田滝図」(関東大雲災で焼失)や、文献によれば石見(島根県)の益田、美濃(岐阜県)、出羽(山形県)にも足をのばしている。天橋立へ行った記事はないが、この画がそれを証明する。
 景観はまさに鳥瞰的に構図され、まことに正確てあって、地図に照してみても多少の絵空事はあるにせよ、大体真を写しており、この地まて足を運び、自身の眼て眺めたのてなければ描けないものてある。濃墨の荒いタッチがあるかと思えば、落ち着いた柔かい筆法を用い、あるいはまたすばやい筆勢を見せる所がある。また幾度か描き直しのために改めて貼り込んだ跡などから、下図の制作段階が知られる。横に大きく広がり、落ち着きのある安定感があると同時に、自由な描写力のすばらしさも、雪舟ならてはの堂々たるものてある。
 制作年代は、図中の智恩寺(切戸の文殊)の多宝塔が明応十年(1501)に建立され、世野山成相寺が永圧四年(1507)に一色、武田両氏の戦いて炎上していることから考えて、図中に両者が描かれているから、雪舟八十二歳以後、最晩年の作画ということになる。年齢を超越して制作にあたった彼の旺盛な意欲に驚くと共に、着実な写生体て自然を見つめることを忘れず、日本の風景を彼の墨法を生かしながら忠実に捉え、実地踏破した経験を土台に描いたものてある。山水画様を、このような形式て貫き通して描いた彼の画業の偉大さを、改めて見直すべき作品てある。
Sesshu 雪舟

Wikipedia Sesshu

ウィキペディア 雪舟

More To Explore