墨梅図 ぼくばいず Bokubai image. 雪舟 Sesshu jpssesh49

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

墨梅図 ぼくばいず Bokubai image. 雪舟 Sesshu
紙本墨画 一幅 90.9×40.5cm 東京国立博物館
 墨梅は墨松、墨竹などと共に、古く申国唐時代から文人墨客に好まれた画題てある。
この清楚な姿は聖者の風格があるところから、文人墨客は無論、禅僧間に理想の姿として描き伝えられた。清らかて馥郁とした芳香を放ち、節度のある枝ぶりなどが、それを象徴している。林和靖が梅を愛した故事にも因るが、日本ては菅原道真の説話も伝えられ、この風は禅的環境のもとて大いに発展し描かれ、渡唐天神の説話も、室町時代初頭から生まれたほどてある。
日本ても水墨画の初期から描かれていたが、この画様はそれと異なり、太い幹から出た枝に、梅花と蕾を付けた明画の影響をここに示している。このような濠洲の墨梅について、雪舟作を疑うものもいるが、何を根拠にそれを否定するのか理由がわからない。
雪舟が包蔵している奥行の深さを探求すれば、まことに驚くべきほど多様な技法なり、自由な発想を抱いていたことに気付く。これだけ大胆てしかも筆勢が鋭く、墨色に峻烈な発色を現わした画境を、如何なる人の作に擬すか、むしろそれを証明する方が困難なくらいてある。たしかに図上には賛が賦されていたてあろうが、今これは剥脱されていて、もとの賛詞は不明になっている。この「墨梅図」の品格と用墨の点て、雪舟作たることは間違いはない。
Sesshu 雪舟

Wikipedia Sesshu

ウィキペディア 雪舟

More To Explore